今さら聞けない…! <ちょい外ハネカール>ってどうやってつくるの?

今さら聞けない…! <ちょい外ハネカール>ってどうやってつくるの?

内巻き、外巻き、ミックス巻き…いろんな巻き方がある中で今注目なのが<ちょい外ハネカール>!
 全体をワンカールするのではなく、“部分的に”外ハネを入れることでグッとこなれ感が出る可愛いスタイル! だけど、うまくつくれない!みんなどうやっているの?…今さら聞けないちょい外ハネカールのつくり方、教えちゃいます!

目指すは自然な“ちょい”外ハネ

全部を内巻きにするよりもちょっとだけ外ハネを入れるのがイマドキ!

目指すは自然な“ちょい”外ハネ

(左)すべて内巻き/(右)外ハネカールをプラス

 髪全体を内巻きにし、ベースをつくりましょう。
外ハネをつくる時は、ちょっと太めのヘアアイロンでつくるのがオススメ!今回は32mmを使用。
まずは顔まわりの髪を内側からひと束取って、毛先を外巻きにワンカールします。
<ここがポイント!>
この時に取るひと束は、表面ではなく内側!
内側からつまみ出すことで、外ハネ部分が浮かないバランスのよい仕上がりに♪

髪全体を内巻きにし、ベースをつくりましょう。

ヘアアイロンのクリップが髪の内側にくるように毛束をはさみ、外側に向かってアイロンを回転させると外向きワンカールがつくれます。

クリップ

同じように反対側の顔まわりにも外ハネをつくります。


顔まわりにも外ハネをつくります。

 今度は耳の後ろあたりの少し低い位置からひと束取って、外巻きにワンカール。
同じように反対側にも外ハネをつくります。

外巻きにワンカール

 さらに後ろ側にも外巻きのカールをつくります。
外ハネカールは左右の「顔まわり」、「耳の後ろあたり」、そして「後ろ側」の毛束を取って、
全体で6か所ぐらいつくるのがベスト!
<ここがポイント!>
それぞれ毛束を取る位置はランダムに高さを変えると、こなれ感が出る!

さらに後ろ側にも外巻きのカールをつくります

 髪を握るようにして全体をくずし動きを出します。


髪を握るようにして全体をくずし動きを出します

 仕上げに毛先に軽くスタイリング剤をつけたら完成!
動きを出しやすい薄づきのものがオススメ!

仕上げに毛先に軽くスタイリング剤をつけたら完成!

軽やかに動絶妙なムーブヘアをつくる時にオススメ!
簡単!つまんで動かすだけ!軽やかムーブ作れるジュレ

 

軽やかムーブつくれるジュレ
軽やかムーブつくれるジュレ

☆Front☆

☆Front☆

内側の髪をランダムにワンカールする!このコツさえ押さえれば、簡単にできちゃう<ちょい外ハネカール>!
イマドキ感もグンとアップするので、ぜひトライしてみて下さいね♪

Model:Yuzuka Aihara
Hair&Make:Miyo Ishihara(studio Teo)
Photo:EIJI
Edit:Nana Watanabe(CHEESE)

基本テクだからこそ、きちんと知りたい!動画で解説!
【ナチュラル&崩れない!ヘアアイロンでつくる「ゆる巻き」】


ナチュラル&崩れない!ヘアアイロンでつくる「ゆる巻き」

基本テクはここでチェック!髪ワザ入門
ナチュラル&崩れない!ヘアアイロンでつくる「ゆる巻き」

 

旬のトレンド速報! 最新ニュース記事
  • ホメ髪.comをご紹介!
  • ヘアカタログ