やってみたいヘアアレンジNo.1!「編み込み」をマスターしよう

「やってみたいけど、難しそう……」「なかなかキレイにできない……」編み込みって、苦手意識のある方も多いのでは? でも、マスターすればヘアアレンジの幅がグンと広がるのが、編み込みの良いところ。今日は、上手に編み込みをつくるコツをご紹介します!

「編み込み」のポイント
  • 編む時は鏡をずっと見ない&毛束は後ろに引っ張るイメージで!
  • 少しきつめに編んで、最後にゆるめる
  • 基本の編み込みを覚えたら、裏編み込みもマスターしましょう
ポイントを詳しく解説!
point1 編む時は、少し後ろ側に編み込みをつくるように意識する

kamiwaza_0303_001

編み込みを作りたいと思っている位置より、少し後ろ側につくることを意識しましょう。ひじを後ろに引いて、後ろに引っ張るように編んでいくと上手にできます。

これはNG!!

kamiwaza_0303_002_r

鏡で確認するのは時々でOK! ずっと鏡を見ていると、手の位置が前寄りになってしまい、思っていた位置から前にずれてしまいがちです。


point2 「きつめに編んでから、ゆるめる」がこなれ感を出すコツ

まずはきつめに編んでから、指先で少しずつ毛束を引き出して、ゆるさを出していきましょう。ゆるめる時は、毛先のほうから始めるのもポイント。


point3 【応用編】基本の編み込みを覚えたら、裏編み込みにも挑戦!

編み込みには2種類あるのをご存じですか? 基本の編み込みは、上で紹介した「表編み」
という毛束をどんどん上に重ねて編むタイプのもの。裏編みは、毛束を下に重ねて編む
方法。表編みに比べて、編み目がくっきり目立つのが特徴です。

教えてくれたのは……
  • 1405_img_article_member01
    徳中 宏美さん (花王 ビューティケア研究センター 美容師
    日々、スタイリング剤と髪のベストな組み合わせについて研究している、ビューティーケア研究センターの専属美容師。
diary_007_bnr_01
あわせて読みたい
顔まわりのひと工夫で印象が変わる!簡単ショートボブアレンジ
編み込みなど、ちょっとした工夫でイメチェンできるショートボブの簡単アレンジテクを紹介中♪
このワザが使えるヘアアレンジ
  • catalog_0035_thum-200x250_re

    大胆な編み込みがポイント!バレッタを使ったお呼ばれアレンジ

    続きを読む
  • ホメ髪.comをご紹介!
  • ヘアカタログ