ナチュラル&崩れない!ヘアアイロンでつくる「ゆる巻き」

雑誌などでよく目にする「ゆる巻き」。かわいいけど、ゆるい巻き髪は、すぐに取れないか心配……。いえいえ、そんなことはありません! ゆるくて、ナチュラル、しかも崩れない「ゆる巻き」のコツがあるんです! 引き出しの奥でヘアアイロンを眠らせているなんてもったいない~! まずは「フォワード巻き」からチャレンジしてみましょう♪

「ゆる巻き」のポイント
  • 簡単でいいので、ブロッキングをしましょう
  • 髪を巻く前に、根元から毛先までヘアアイロンの熱を通しておきましょう
  • 髪を巻き始めるのは、毛束の中間から
ポイントを詳しく解説!
point1 簡単にブロッキングする

3080_img_01

髪全体を、ざっくり上下に分けて、上の髪をワニクリップなどでとめておきましょう。
こうすることで、巻き髪にしやすい適度な毛量になり、きれいに仕上がります。

編集部がやってみた

「ブロッキング」って聞くと難しそうだけど、髪を上下にざっくり分けるだけで、こんなに巻き髪しやすくなるなんて……! しかも、ゆる巻きの仕上がりもとてもきれいです。(編集部E)


point2 巻く前に一度、根元から毛先までアイロンの熱を通す

軽く手ぐしで髪をとかした後、巻きはじめる前に、毛束をヘアアイロンで挟み、根元から毛先まで熱を通しておきましょう。こうすることで、バラバラだった毛束がきれいにそろい、カールがきれいに仕上がります。


point3 ゆる巻きの巻きはじめは、毛束の中間から

つい毛先から髪を巻きがちですが、ゆる巻きの巻き始めは、毛束の中間からが正解! 毛束の中間をはさみ、毛先のほうへ、ヘアアイロンを滑らせるように、内側に向かって巻きましょう。(すぐカールが取れてしまう人は、ヘアアイロン用のスタイリング剤を使うと長持ちします。)


point4 【応用編】「リバース巻き」もマスターすれば、また違う印象の巻き髪に

巻き髪には、毛束が内側にカールする「フォワード巻き」と、外側にカールする「リバース巻き」の2種類があります。フォワード巻きを覚えたら、リバース巻きにも挑戦してみましょう。また違う印象の巻き髪が作れますよ。

巻き方でこんなに変わる!
フォワード巻き、リバース巻きの違い

フォワード巻き(内巻き)、リバース巻き(外巻き)

教えてくれたのは……
  • 1405_img_article_member01
    徳中 宏美さん (花王 ビューティケア研究センター 美容師
    日々、スタイリング剤と髪のベストな組み合わせについて研究している、ビューティーケア研究センターの専属美容師。
このワザが使えるヘアアレンジ
  • 手ぐしのような無造作感がポイント!ゆるふわボブアレンジ

    手ぐしのような無造作感がポイント!ゆるふわボブアレンジ

    続きを読む
  • ホメ髪.comをご紹介!
  • ヘアカタログ