シャンプー、ドライヤー…毎日の「面倒」をすっきり!ヘアケアストレス座談会

【編集Eの場合】とにかく乾かすのに時間がかかるし、寝ぐせがひどい……
<キューティクル診断結果>

  • キレイなほうだが、少しだけキューティクルがはがれている状態。

1407_img_article06_r1

編集E
この前、傷みがひどい部分はバッサリ切ったはずなのに~!
寺田
パッと見キレイな髪に見えても、シャンプー時や髪を乾かしている時など、日々のちょっとしたことで髪が傷んでしまうこともあるんです。

乾かすときのポイントはコレ!

    • タオルドライはやさしく
    • ドライヤー前に目の粗いクシで髪を軽くとかす
    • 指を広げて、根元からワサワサ大きく手を動かしながら乾かす
【動画でチェック】時短&簡単!しかもキレイ!髪がまとまる乾かし方


1407_img_article07

宿野部
乾かす時も、できるだけ髪のからまりをほぐしてあげることが大事です。正しくしっかり乾かせば、寝ぐせだってつきにくくなるんです。
寺田
ヘアサロンに行くと、美容師さんってけっこう大胆にワサワサ髪を乾かしますよね? あれって、髪一本一本をバラけさせて乾かしやすくしているんですよ。そうすることでドライヤーの風が通りやすくなって、より速く髪を乾かすことができます。
編集部
なるほど!

これはNG! やってはいけない髪の乾かし方

  • タオルでゴシゴシする
  • 毛先からドライヤーで乾かしていく

宿野部
よくいるのは、ドライヤーを毛先からあててしまう方ですね。水分はどんどん下にたまっていくので、根元から乾かしてあげた方が効率的です。ドライヤー前のタオルドライも、根元のほうからタオルで挟んで、やさしくポンポンたたいてあげてください。
編集部
今まで、水が垂れてくる毛先から乾かそうとしていました……。
寺田
タオルドライの後、目の粗いクシでとかすのもおすすめですよ。髪をとかすと毛先に水がたまるので、それをタオルでポンポンポンと吸いとってからドライヤーしてみてください。からまりもほぐれるし、水分も切れやすくなりますよ。
宿野部
「濡れている時にクシを通すのは、髪を傷めるのでは?」と、思っている方も多いかと思うんですが、目の粗いクシを使えば傷む心配はありません。
編集部
なるほど~! これは良い裏ワザを聞きました!
宿野部
髪がからまりにくくなるだけで、ヘアケアの時に感じていた日々のストレスは、だいぶスッキリできると思いますよ。シャンプーを選ぶ時も自分が「洗いやすい」「髪が扱いやすい」といった感覚を大事にすると良いかもしれません。ヘアケアを快適にしたい人に、花王ではエッセンシャルをオススメしています。女性のヘアケアを快適にすることを目指して、からまりのないなめらかな指どおりにこだわったシャンプーなんです。

髪がからまらないとこんなにラク!? 噂のシャンプーを使ってみた

寺田さんと宿野部さんにヘアケアのコツを伺った後、編集部スタッフもからまりに着目したシャンプーを使ってみました!。

  • 指がスルスルと通って、すごく洗いやすくなった!(編集E)
  • ドライヤーで髪を乾かす時ラク! 乾きが速くなったという感じがしました。ドライヤーの熱風を長時間浴びることから、解放された喜びといったら……!(編集N)
  • からまらなくなると、こんなにラクなんだ! ビックリ!(編集H)
  • ドライヤーに時間がかかるのも、ヘアスタイルが決まらないのも、「髪が長いから」とか、「くせっ毛だから」とか、髪質のせいにしていました。でも、それは違ったみたいです♪(編集N)

こんなふうにシャンプー選びを意識するだけでも、ヘアケアのストレスがスッキリするなんて驚き! 毎日当たり前にやっていることって見過ごしてしまいがちだけど、ちょっとしたコツや工夫でヘアケアもヘアアレンジももっと楽しくなりそうですね♪

教えてくれたのは……
  • 1410_img_article_member01
    寺田 英治さん (花王株式会社 ヘアケア研究所 上席主任研究員
    髪の研究に従事して17年。女性のヘアケア行動を楽しいものにするため、シャンプー・コンディショナーなどの商品開発・研究を行っている。
  • 1410_img_article_member02
    宿野部 淳さん (花王株式会社 ヘアケア事業グループ ヘアケアグループ
    女性のヘアケア意識、ヘアケアニーズのトレンドをリサーチし、新製品の企画などを行っている。
  • ホメ髪.comをご紹介!
  • ヘアカタログ